スポンサーリンク

元映画館スタッフの私が今回紹介するのは映画「キングダム」です。

2019年4月19日に公開予定の本作品は、2006年に「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は52巻まで刊行され、累計発行部数3600万超を記録している大ヒット作品を原作とする歴史エンターテイメント映画です。

公開に伴い、10月8日に公式から本編映像がyoutubeにて公開されましたのでご覧ください。

また、11月23日に公式より特報が公開されたのでご覧ください。

これは、天下の大将軍を目指す戦災孤児の少年と、後に始皇帝と呼ばれる若き王の途方もなき戦いの物語。

脚本は原作作者である原氏も参加し、幾度もの書き直しを経て脚本完成までに約二年を費やしたとのこと。本編映像からもみてわかる通り、壮大なスケール感は原作ファンの想像を超えるのではないでしょうか。

この記事では『キングダム』上映に伴い、より映画が楽しめるようなポイントを元映画館スタッフの私がまとめていきます。
[ad]
スポンサーリンク

『キングダム』ポイント

豪華キャスト陣に注目?

映画「キングダム」の主演は山崎賢人さんが演じますね。なんとなくそんな予感はしていました。というのも、2年前に漫画「キングダム」が10周年を迎えた時に、「キングダム連載10周年実写特別映像」が公開されまして、その時の主演が山崎賢人さんでした。

その時の映像がこちらです。

他にも、【漂/エイ政役:吉沢亮、楊端和役:長澤まさみ、河了貂役:橋本環奈、成キョウ役 :本郷奏多】、と豪華なラインナップとなっています。

こうしてみると、先日実写化した映画「銀魂、銀魂2」とキャスト陣がほぼ一緒ですね。「神楽」を演じた橋本環奈さんが、こんな役も出来るのかと世間に認知された事も印象的でした。

 

一方で私が注目しているのは、王騎役を演じる大沢たかおさんです。プロモーションなどを見て、役作りのクオリティが頭一つ抜き出ていると感じました。如何にも「強キャラ」という言葉が似合うその風貌は、迫力があり映画への期待を一気に高まらせてくれました。

豪華キャスト陣が集結したことで、どのようにストーリーが展開されるのか必見です。

 

前売り券・ムビチケを購入して豪華特典をもらおう

2018年10月現在、前売りチケット購入特典の情報は入ってきていません。

ですが、映画館スタッフとして働いていた私の経験からすると恐らく前売り券・ムビチケの早期購入者特典はあると考えています。

ムビチケとはカードタイプの前売り券の一種で、通常の一般価格(1800円)よりもおトクな価格で購入できるのでオススメです。
劇場に伺う前に電話で「前売り特典はまだ残っていますか?」と問い合わせることをおすすめします。
[ad]
スポンサーリンク

『キングダム』原作・おさらい

キングダムは週刊ヤングジャンプにて連載されている作品です。累計発行部数3600万部を突破しており、手塚治虫文化賞やマンガ大賞など、数々の賞を受賞しています。口コミからもその人気ぶりは高く、多くのファンを抱えている超大作ですね。

キングダムを初めてみる方は、概要は原作を読んだ方がわかりやすいと思うのでまずは試し読みをしましょう。
↓こちらのキングダム公式 HPより試し読みができます。↓

https://youngjump.jp/kingdom/intro/

created by Rinker
¥545 (2019/03/24 21:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

現在は1巻〜52巻まで刊行されています。

ちなみに私は一気に読みたかったのでまとめ買いをしました。(※破産に注意ですがその価値はありました!
created by Rinker
¥45,000 (2019/03/24 21:41:35時点 Amazon調べ-詳細)

とにかく原作が良すぎますので、映画に興味がある方はまずは読んでみることをオススメします。話を知っているのと知らないのでは、実写の楽しみ方が数段変わってきますよ!

[ad]
スポンサーリンク

『キングダム』主題歌

本作の主題歌がONE OK ROCKの最新楽曲、「Wasted Nights」に決定しました!

created by Rinker
¥250 (2019/03/24 22:26:49時点 Amazon調べ-詳細)

(2/1より各社配信サイト、サブスクリプションサービスにて配信スタート)

映画『キングダム』あらすじ・概要

これは、天下の大将軍を目指す戦災孤児の少年と後に始皇帝と呼ばれる若き王の途方もなき戦いの物語

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。

戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上がられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩む事になる。

王宮では王の弟・成キョウによるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く……。

中華統一。戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。

信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。その夢は途方もない修羅の道。若き二人の戦いの火蓋が切られた。

春秋戦国時代

古から続く動乱の世、中国は「戦国の七雄」と呼ばれる七大国【秦・燕・趙・斉・楚・韓・魏】が覇を競い、激しい争いを繰り広げていた。

終わりの見えない戦いは混迷を極め、500年前にもわたり続いていた。

出典:https://kingdom-the-movie.jp/story/index.html

[ad]

『キングダム』キャスト

監督:佐藤信介

 

信役    :山崎賢人

漂/エイ政役 :吉沢亮

楊端和役   :長澤まさみ

河了貂役   :橋本環奈

成キョウ役  :本郷奏多

壁役     :満島真之介

昌文君役   :高嶋政宏

騰役     :要潤

王騎役    :大沢たかお

 

制作年:2019年

制作国:日本

配給:東宝

 

映画「キングダム」SNS・公式HP

キングダムの情報はキングダム公式Twitterより受け取れます。

また、キングダム作者の「原泰久」さんの公式Twitterアカウントもあります。

映画「キングダム」公式HP

https://kingdom-the-movie.jp/index.html

スポンサーリンク
おすすめの記事