本記事では1985年、大不況時のダブリンを舞台とした映画「シング・ストリート 未来への歌」のレビューを書いていきます。

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった。(出典元:Amazonビデオ

主演はアイルランド出身の『フェルディア・ウォルシュ=ピーロ』。アイルランド・ダブリンを舞台とした本作品に、アイルランド全土から数千人のオーディションをくぐり抜けて見事主役の座を勝ち取ったと言います。

「シング・ストリート 未来への歌」は2016年に公開された映画で、監督は数々の名作を生み出し、音楽愛が強いとして知られる『ジョン・カーニー』。主題歌は人気ロックバンド、マルーン5のボーカリスト『アダム・レヴィーン』で、映画「はじまりのうた」ではカーニー監督とタッグを組み主演も務めています。本作品は現在はAmazonプライム・ビデオでの配信が行われています。Amazonプライム・ビデオで視聴する方はこちら
かつてタッグを組んだカーニー監督とアダム・レヴィーン氏がまた違う形で作品を作り上げるという、熱い展開が作品外でも繰り広げられたというわけですね。

 

「シング・ストリート 未来への歌」レビュー・感想

恒例の映画探しタイムを自宅にて過ごしていたのですが、久しぶりに音楽系の映画が観たいなと思っていました。ちなみに「レミゼラブル」や「グレイテスト・ショーマン」のような大人な感じではなく、「ヘアスプレー」のような学園的な感じを求めていました。

そこで目についたのが「シング・ストリート 未来への歌」です。

予告編を観た段階で熱くなってしまったので視聴しました。

以下レビュー記事になります。

ネタバレを含みますので嫌な方はアマゾンプライムビデオでご視聴ください。

https://amzn.to/2KaiRVG

 

レビュー

まず前提として、冒頭にも記載しましたが、以下のような映画です。

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった。(出典元:Amazonビデオ

大不況時を舞台としてる本作品。不安定な時代に生きる若者たちの境遇は、恵まれなかったり理不尽だったりするものです。しかし逆境に逆らう若者たちのエネルギーにはどこか自由な雰囲気も感じられて、何かを創り出す環境としてはどこか羨ましさも感じることもしばしば。現在のどことなく無機質な時代風に比べて、人間の本質が詰まっている作品ではないかと思います。

感想

大人たちが権力を振りかざして、若者たちの声は封じられるという風潮はどこの国でも起こり得ることです。しかしそれに屈せず後ろ指まで立て、「好きという感情」を前面に押し出してくる「シング・ストリート」には胸を熱くさせる感情を抱きました。

また、映画が進む連れて曲のクオリティも上がっていくところも最大のポイントです。主人公に抜擢された『フェルディア・ウォルシュ=ピーロ』は小さい頃から歌を習っていたということもあり、その歌声は流石の一言でした。

小さい頃には当たり前に思っていた「何かをやるにあたって複数の理由なんか必要ない。たった一つだけの理由さえあれば、それに人生の全てをかけて没頭することができる。」ということをこの映画からは再確認し、学ぶことができました。

ラストシーンの船で英国に渡るという場面があるのですが、若者二人がツテもカネも無いのに異国の地へ居場所を求めて向かう様は、この映画の中で一番感きわまるものがありました。身寄りの無いヒロインと、両親が不仲になり家庭崩壊してしまった主人公の内情はあまり作品の中では語られてませんでしたが、言葉にするまでもなくその辛さが場面場面で伝わってきたのは、この映画のポテンシャルそのものではないでしょうか。単なるティーンの音楽映画ではなく、この映画の本質には「どうしようもないことを受け入れるしかない若者の葛藤」を描いているのだと悟りました。

ここまでの良作を、今さらですが観れて良かったです。

以上でレビュー感想は終わりです。

https://amzn.to/2KaiRVG

 

「シング・ストリート 未来への歌」(オリジナルサウンドトラック)

「シング・ストリート 未来への歌」の魅力は、その楽曲にあります。

音楽をコンセプトに使用されている映画ですから、楽曲のクオリティはもちろんのこと、リリックの良さが素晴らしかったです。

以下より視聴ができます。

 

「シング・ストリート 未来への歌」ストーリー

舞台は1985年の、ダブリン南部にあるインナーシティ地区。この場所に住むロウラー家は、不況から建築家の父ロバート(演:エイダン・ギレン)が失業し、苦境に立たされていた。喧嘩が絶えないロバートと妻ペニー(演:マリア・ドイル・ケネディ(英語版))は別居も考えており[注 5]、ロバートは酒浸りで喫煙量も増えている。ある日の家族会議で、ロバートは末の息子コナー(主人公、演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(英語版))へ、学費を節約するため、私立学校から無料の公立高校へ転校するよう話す。ロバートは転校先のシング・ストリート高校(英語版)について、評判は良い学校だと話すが、コナーの兄・ブレンダン(演:ジャック・レイナー)は、ばらばらになった家族の現状とコナーの転校を思い切りからかう。そんな現状から逃れるように、ブレンダンとコナーはロンドンのポップ音楽へのめり込む。

シング・ストリート高校は「クリスチャン・ブラザーズ(英語版)」というカトリックの修道会が運営する学校で、コナーが元いたイエズス会運営の学校とは校風が違っていた。登校初日、校則違反の茶色い靴を校長のバクスター修道士(演:ドン・ウィチャリー(英語版))に見咎められ[注 6]、いじめっ子のバリー(演:イアン・ケニー)に目を付けられてしまう。散々なスタートを切ったコナーに、ただひとり自称「校内コンサルタント」のダーレン(演:ベン・キャロラン)が声を掛け、2人は友人になる。2人が下校しようとした時、コナーは、高校の真向かいにあるフラットの入り口に立つ若い女性モデル・ラフィーナ(演:ルーシー・ボイントン)に気付き、その姿に一目惚れする。彼女の気を引くため、コナーは組んでもいないバンドのミュージック・ビデオ (MV) へ出演しないかと持ちかけ、ラフィーナの電話番号を手に入れる。成り行きでダーレンはマネジメント担当を引き受け、楽器に万能な友人・エイモン(演:マーク・マッケンナ)をコナーに引き合わせる。

出典元:wikipedia

 

「シング・ストリート 未来への歌」キャスト

フェルディア・ウォルシュ‐ピーロ

ルーシー・ボイントン

ジャック・レイナー

エイダン・ギレン

マリア・ドイル・ケネディ

etc...

「シング・ストリート 未来への歌」レビューまとめ

最初は軽い気持ちで見始めましたが、見終わった頃には感傷に浸るくらい多くの感情を持ちました。

まだ見ていない方はぜひこの作品を見て欲しいです。

https://amzn.to/2KaiRVG

http://gaga.ne.jp/singstreet/

https://www.imdb.com/title/tt3544112/

 

おすすめの記事