元映画館スタッフの私が今回紹介するのは映画「そらのレストラン」です。

2019年1月25日に上映予定の本作品は、「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く、北海道を舞台にした映画シリーズの第三弾です。

公開に伴い、11月21日に『そらのレストラン』予告編がyoutubeにて公開されたのでご覧ください。

チーズづくりに励む家族とその仲間を描いたドラマ。有機農法に取り組む生産者グループをモデルに、レストランを開こうとする主人公一家と仲間たちの姿を映し出す。

大泉洋さんが主演を演じる本作品の予告は、まるで人間の『豊かな暮らし』が反映されているように感じました。『豊かな暮らし』の中には仲間との絆や、大切な人との時間があるもので、その一方で時にはつらいこともありすよね。そんな人間の本質と葛藤を描いているのが『そらのレストラン』ではないでしょうか。

笑顔も 涙も おいしいも

ひとつに とけあい

分かち合う

予告編の言葉があたたかくて、映画への期待を一層高まらせてくれます。

さて、この記事では『そらのレストラン』上映に伴い、より映画が楽しめるようにポイントと主題歌を務める豪華アーティスト『スカート』についてまとめていきます。

 

『そらのレストラン』ポイント

前売券・ムビチケを購入して豪華特典をもらおう

劇場・特設サイトにて前売り券を購入すると特典がもらえます。

以下のリンクから公式オンラインショップにてお買い求め頂けます。https://www.major-j.com/info.php?f=xiijz7h8f4a

  • 10/12(金)より販売決定!
  • 【販売価格】¥1400(当日一般/¥1800のところ400円おトク)
  • 【特典】映画オリジナルポストカード
  • ※特典は無くなり次第終了
劇場に伺う前に電話で「前売り特典はまだ残っていますか?」と問い合わせることをおすすめします。

公開劇場一覧は以下のリンクから閲覧可能ですので、お住まいからお近くの劇場を探してみてください。

https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=sorares

北海道映画シリーズを見返そう

映画「空のレストラン」は北海道映画シリーズの第三弾です。第一弾である『しあわせのパン』と第二弾の『ぶどうのなみだ』を見ることで、より映画が楽しめるのではないでしょうか?

映画『しあわせのパン』

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ"とは?そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?

created by Rinker
アミューズソフト
¥4,154 (2019/09/20 18:46:35時点 Amazon調べ-詳細)

映画『ぶどうのなみだ』

北海道・空知でワイナリーを営み小麦の栽培をする年の離れた兄弟と、キャンピングカーで自由気ままに旅する女性の触れ合いを見つめていく。

created by Rinker
アミューズソフト
¥3,792 (2019/09/20 18:46:35時点 Amazon調べ-詳細)

『そらのレストラン』ノベライズ本の発売決定!

映画公開に先駆けて、小説版『そらのレストラン』の発売が決定しました!

created by Rinker
¥648 (2019/09/20 18:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

【脚本】土城温美、深川栄洋

【ノベライズ】:百瀬しのぶ

【定価】600円+税

【発売元】PARCO出版

【ISBN】978-4-86506-282-3 C0095

【仕様】文庫サイズ/224P

【発売日】2018年10月31日(水)

小説を読むことで『そらのレストラン』について詳しく知ることが出来ます。また、映画を観るにあたって内容を理解しておくと、本編も楽しめますよ!

期待&感想投稿キャンペーン

空のレストランではBuzzesというページにて、期待&感想を投稿することで、抽選で豪華景品が当たるキャンペーンをやっています。

詳しくは以下のページよりどうぞ。

https://www.buzzes.jp/movies/sorares-movie/?ref=telop

主題歌を歌う『スカートについて』

本作品では、主題歌をスカートというアーティストが担当することになりました。

主題歌の題名は、『君がいるなら』です。

予告編にも流れていますが、田舎の風景とマッチしていて、それでいてセンチメンタルなメロディは心に響くものがあります。

■スカート「君がいるなら」

『そらのレストラン』あらすじ・概要

あらすじ

「いただきます!」毎朝元気な声が響く明るい食卓で笑い合うのは、北海道・せたな町で暮らす亘理(わたる)、妻のこと絵、一人娘の潮莉(しおり)の3人家族。海が見える美しい牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理は、大好きな家族と仲間たちに囲まれ毎日幸せいっぱいだ。東京からやって来た若者・神戸や、札幌の天才シェフもいつしか仲間に加わり、亘理はあることを思いつく。

それはせたなの「おいしいもの」たちを、もっとたくさんの人に届けるため1日限定のレストランを開くことだった。

出典:https://sorares-movie.jp/

 

概要

『しあわせのパン』では洞爺湖を舞台に「パン」を分け合う「夫婦」を、『ぶどうのなみだ』では空知を舞台に「ワイン」の熟成と「親子」を描いてきたが、今回描かれるのは、チーズのように味わい深い仲間と家族の絆。実際にせたなで自然と共に生きる循環農業を行っている“やまの会”の人々がモデルになっている物語は、これまで以上の優しいリアリティに満ちている。

時が経てば経つほど深まっていく人間関係は、まるで熟成されたチーズの滋味じみに富んだ味わいのよう。人は決して一人では生きられない。“そらのレストラン”を訪れたとき、あなたもそんな大切な何かに気づくかもしれません。

出典:https://sorares-movie.jp

『しあわせのパン』は洞爺湖が舞台なんですね。

ちなみに関係ない裏話ですが、マンガでも実写化映画でも大人気となった『銀魂』という作品の主人公 坂田銀時(通称・銀さん)が持っている木刀には「洞爺湖」という文字が刻み込まれています。知る人ぞ知るどうでも良い話でした。笑

『そらのレストラン』キャスト

監督:深川栄洋

設楽亘理 役 大泉洋
設楽こと絵 役 本上まなみ
神戸陽太郎 役  岡田将生
石村甲介 役 マキタスポーツ
富永芳樹 役 高橋努
野添隆史 役 石崎ひゅーい
朝田一行 役 眞島秀和
大谷佐弥子 役 風吹ジュン
大谷雄二 役 小日向文世

 

製作年:2018年

製作国:日本

配給:東京テアトル

上映時間:126分

 

『そらのレストラン』特報

 

おすすめの記事