秋の空が色づいてきましたね。風情です。

世間は混沌とした話題で溢れている毎日ですが、最近起きた私のバッドエピソードと言えば「紅の豚」の録画を忘れた事です。

ちなみに紅の豚は世界大恐慌時のイタリアを舞台にした作品で主人公のポルコは36歳だそうです。ダンディな中年向けジブリ作品!

タイトルと話が逸れましたね。

今回は昨日発売された約束のネバーランド11巻のレビューをします。

 

約束のネバーランドについて

約束のネバーランドは近年稀に見る良作です。何が良いって物語の至る場面に付箋が隠されている所です。

読んでいく中で様々な仮説を立て、自分の中で考察を練っていきます。そして付箋回収時に「やっぱりね!」となったり「そういうことか!?」と頭を抱えたりして一人でも楽しくなれます。ストロングゼロのようなものです。

こんなことを言うと「え、なんか難しそう」って毛嫌いする人も出てくると思いますが、その心配はご無用です。

ストーリーは至ってシンプル。

平穏な日々を送っていた子供達(めちゃくちゃ英才教育受けてて頭良い)が、実は囚われの身だった事を知って、大人達や鬼と呼ばれる敵に立ち向かっていく内容となっています。

この子供達がずば抜けて頭が良いんですよ。

その中でも主要の3人の子達がいるのですが、名探偵コナン君が性格の異なる3人になったような感じです。

あらゆる窮地に陥った場面で脳がフル回転し、機転を利かして困難を乗り越えていく様はあの工藤新一君もビックリです。

さて、それでは約束のネバーランド11巻の最速レビューをしていきます。

ここからはネタバレを含みますので嫌な人は回れ右するか、こちらのゴジラでも見て暇を潰してください。

https://taabou.com/%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8c%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9-%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%8d%e4%b8%bb%e9%a1%8c/

[ad]

約束のネバーランド11巻レビュー

主人公のエマ達はGPにて鬼達を次々と倒し、最大の敵であるレウウィスとの戦いの最中、レイとオジサンが助けに来た所で11巻に引き継ぎました。

コレは胸熱な展開ですね。ジャンプが掲げる友情、努力、勝利友情の部分です。抑えておいてください。

レウウィスは「人間との命を懸けた戦いを切望する」強敵です。鬼と呼ばれる敵達は人間を下に見ているため、めちゃくちゃ傲慢で頭がおかしいです。悪役は地位と権力を手にしたら命を賭けるギャンブルに走ります。

コレはジャンプの歴代作品の中でも必至の理です。悪役は余裕こいて自ら自滅します。ドラゴンボールのフリーザと一緒です。フリーザのは悟空にちょっかいだしたらキレさせちゃって後戻り出来なくなってしまった系ですが。同じようなものですね。

そんなわけでレウウィス含む鬼達はGPにて人狩りを習慣化していて人間にちょっかいを出していたんですが、外部からエマ達が来たことによって苦戦を強いられることになりました。いつの時代も外部から来た人間が救世主になるものです。しかし田舎のおばちゃん達は外部から来た人間を除け者にしてイジメます。地方移住を考えている方はオバコミュニティが盛んな地域には注意しましょう。

そんなこんなで激闘を繰り広げる11巻ですが、エマの天然さを装った機転の働きでレウウィスの弱点を見つけます。コナン君の「あれれ~おかしいぞ〜?!?」と言って大人達が「そういうことか!!!」となり事件が解決するアレです。抑えておきましょう。いつの時代も天然が世界を救います。

また、今回のキーパーソンはアダム君です。覚えていますか!?あの「22194…22194…」とひたすら唱えているデクちゃんです。(ちなみに22194はノーマンの番号です。恋しちゃったんだチェリー!?)

そんな恋多き少年、アダム君が大活躍します。その力、鬼神の如し。あの北斗神拳を司る北斗晶?もビックリです。彼が相変わらず「22194…」と唱えながらしっちゃかめっちゃかに暴れ回るおかげで街は崩壊していきます。行動だけで言えばラスボスです。※あくまでも味方(?)です。

そんなこんなでレウウィスは人間めぇ!!!(憤怒)となるわけですが(中略)エマが〜になりながらもなんだかんだで戦いは終わりを迎え、無事に基地まで戻って来れたと思いますか!?(あとは単行本を買って自分の目で見ましょう。少しでも日本の漫画業界を盛り上げてください)

created by Rinker
¥475 (2019/10/17 18:10:14時点 Amazon調べ-詳細)
[ad]

約束のネバーランド11巻のレビュー総括

ハイ、という訳で11巻を読み終えました。

今回は、友情努力勝利の友情と勝利が確定演出となりました。ジャンプ作品はこうでないとな!?と言わんばかりのボリューミーな内容で、ちょっとだけ胃もたれ気味です。

ジャンプ作品は脳筋感が強いイメージですが、空知英秋先生の銀魂のようにギャグっぽい言い回しの中に教養が身につく系の作品も多数ありますよね。

約束のネバーランドは友情努力勝利はもちろんありますが、出てくる子供達が最初から天才肌のため努力の描写はあまりありません。厳選されているせいか努力値はマックスです。後はめざパ適正だけ、ということですね!

約束のネバーランド2019年にアニメ化決定!

約束のネバーランドは来年の1月からフジテレビのノイタミナにてアニメ化も決定しているので、これからどんどん盛り上がっていくでしょう。

約束のネバーランド11巻の最速レビューまとめ

今回は健康で文化的な最低限度の説明をしました。

こういったレビュー記事は楽しいので増やしていこうかなと思います。

それでは!

 

約束のネバーランドが気になった方はこちらからどうぞ。

created by Rinker
¥475 (2019/10/17 18:10:14時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめの記事